Qt Programming memo

[個人メモ] [仕事メモ] [アイデア] [Rubyの魔神]
[Qt2クラス索引] [Qt基礎] [QFile] [Qt関連(SRA)] [Qtユーザフォーラム]
[Qt4tutorial] [入門Qt4プログラミング(英語版)] [Qt 4 @ Qt - Linux Life] [Qt2の本(PDF)] [Qt4.6リファレンス]
[The Linux Serial Programming HOWTO] [Qt Programming]
 | 

2008-07-15

Linux上でのQt 18:33

1.ソースを書く

2.そのフォルダで「qmake -project」を実行

3.「qmake ○○.pro」と上記でできたプロジェクトファイルからmakefileを作成

4.「make」で実行ファイルができる

QTassistant 19:10

コマンドラインで「assistant」を起動するとQTassistantが起動する

QtDesigner 19:40

1.QT Designerで○○.uiファイルを作る

「EDIT」ー「connections」でコネクションエディタが起動する

ファームダブルクリックすると追加したスロット編集できる


2.以下のようなmain.cppを作る

#include<qapplication.h>
#include<gotocelldialog.h>
                                                                                
int main(int argc,char*argv[])
{
    QApplication app(argc,argv);
    GotoCellDialog *dialog=new GotoCellDialog;
    app.setMainWidget(dialog);
    dialog->show();
    return app.exec();
}

2.そのフォルダで「qmake -project」を実行

3.「qmake ○○.pro」と上記でできたプロジェクトファイルからmakefileを作成

4.「make」で実行ファイルができる

ゲスト



トラックバック - http://qtprogramming.g.hatena.ne.jp/garyo/20080715
 |